九州大学 西部地区自然災害資料センタ−

全国6地区の地区資料センタ−のひとつとして九州,沖縄,山口をエリアとした西部地区自然災害資料センタ−が昭和52年度より設置されました。センタ−の目的は災害資料の収集・整理を行うとともに,その資料を研究者,技術者,防災関係機関の利用に供することなどである。最近では全学的,対外的な共同研究やセミナ−,シンポジウムの企画を行うなど,コ−ディネ−ト機能を合わせもったセンタ−を目指している。

What's NEW