沿岸海洋工学研究室

過去の研究

平成21年以降

卒年
(平成)
名前論文題目
21 小早川 直紀 ブシネスクモデルを用いた港湾内長周期波浪場解析のための入射波スペクトルに関する断面2次元的検討
21 田中 孝明 冬季の沖合流れ発生に関する研究
21 田中 雄太 暴風時の波浪推算精度に関する基礎的研究
強風域から離れた観測地点の波浪に基づく海面抵抗係数の逆推定に関する研究
21 月足 健太郎 日本沿岸における冬季季節風の経年変化
非構造格子モデルによる高潮シミュレーション
21 春元 崇志 暴風時の波浪推算波高の過大評価に関する検討
21 日高 倫興 消波ブロックによる飛来塩分の低減効果-下関市和久漁港における現地観測-
現地観測による海岸構造物で生じる飛来塩分に関する研究
22 安芸 友裕 ブシネスクモデルを用いた港湾内長周期波浪場の再現性に関する検討
22 岩崎 裕志 三里松原海岸に来襲する波浪特性の把握とそれが沿岸漂砂に及ぼす影響
周期の長い波浪を対象とした波浪スペクトル推定精度に関する研究
22 河端 浩平 潮汐が有明海の波浪推算結果に及ぼす影響に関する研究
データ同化手法を適用した波浪推算モデルによる海面抵抗係数の推定
22 村上 邦宏 大水深域非越波型護岸を対象とした越波の数値シミュレーション
画像解析を応用した水理模型実験における越波量計測手法の開発
22 柚上 悟志 気象観測値を利用した高潮のリアルタイム予測
22 植村 崇博 A numerical simulation of the shape of submerged breakwater to minimize mean water level rise and wave transmission
23 東 和弥 越波・打上げの可視化実験と画像解析
23 大谷 優衣 海象計データに基づく方向スペクトルの季節別出現特性に関する研究
関門航路における潮流の数値シミュレーション
23 小松田 真二 有明海最奥部の佐賀県沿岸における潮位観測
23 原田 恵 現地観測データによる大規模潜堤を通過する波の変形に関する研究
モーゼブロックによる伝達波高・平均水位の低減効果に関する実験的研究
23 松尾 雄太 係留船舶の風と波による係留張力と動揺に関する水理模型実験
ニューマティックケーソン係船装置で係留される船体の動揺特性に関する研究
24 改田 将平 直立護岸で生じる越波・飛沫・飛来塩分の現地観測
風作用下での越波の出現特性に関する実験的研究
24 原 亮介 現地観測データによる大規模潜堤周辺の波・流れに関する研究
連立壁潜堤の基本性能に関する数値実験
24 姫野 慎太郎 高潮推算における非構造格子モデルの適用性に関する研究
関門航路の流況特性に関する数値シミュレーション
24 山根 知洋 将来気候データに基づく九州沿岸の災害リスクに関する研究
MRI-AGCM3.2Sに基づく台風および高潮の将来予測に関する研究
24 若林 信孝 ニューマティックケーソン係船装置の開発に関する実験的研究
24 Johanna Ekstedt Evaluation of Gloval Wave Climate Based on the JMA/MRI-AGCM Climate Change Projection
25 網屋 凌太 波浪推算モデルにおける海面抵抗係数の逆推定に関する研究
気候変動を考慮した将来の高波シミュレーションに関する研究
25 井上 孝紀 黒潮の流れが波浪に与える影響に関する研究
25 島田 剛気 有明海湾奥部における高潮の現地観測
既往台風に基づく有明海湾奥部の高潮浸水シミュレーション
25 知念 卓 画像解析を用いた水理模型実験における越波量計測システムの開発
25 眞栄城 玄和 深浅測量データに基づく関門航路の水深変化特性の解明
26 相原 佑紀 関門航路におけるサンドウェーブの発達に関する研究
26 小田 圭祐 方向集中度に着目した波浪出現特性に関する研究
26 篠原 尚弘 越波の水理模型実験における風の影響について
26 柘植 和哉 気候変動予測値と海上風再解析値に基づく将来の波候予測に関する研究
26 百合野 晃大 有明海湾奥部の高潮浸水シミュレーション
27 一色 勇志 気候変動を考慮した将来の台風出現特性に関する研究
27 片山 紗也香 越波流量の空間分布特性に関する研究
27 久保 貴之 九州北部沿岸の高潮の危険性について
27 仲村 渉 水理模型実験による越波飛沫の計測法について
27 濱野 有貴 海洋波の方向スペクトルの観測・解析法の高度化に関する研究
27 八尋 蓮 関門航路門司港地区におけるサンドウェーブの発達特性に関する研究

学位取得者

取得年
(平成)
名前論文題目
21 河合 弘泰 高潮数値計算技術の高精度化と気候変動に備えた防災への活用
22 ルキアント Development of a Practical Method for Estimating Directional Spectrum from HF Radar Backscatter
22 鈴山 勝之 第三世代波浪推算モデルWAMを用いた波浪の推定精度向上に関する研究
24 中野 俊夫 沿岸防災を目的とした海上風追算手法の開発とその利用に関する研究
24 ムハマド ジクラ Development of Video Image Analysis Methods for Estimating Bathymetry and the Directional Wave Spectrum in Shallow Water Areas
25 横田 雅紀 強風条件における波浪推算精度の向上を目的とした海面抵抗係数の逆推定法の開発に関する研究
25 仲井 圭二 沿岸域の長周期波に関する研究
topへ