沿岸海洋工学研究室

過去の研究

平成元年~20年

卒年
(平成)
名前論文題目
崎山 透 潜堤等の防波効果の数値解析におけるエネルギー損失係数について
鷲崎 雅明 潜堤等の防波効果の数値解析におけるエネルギー損失係数について
高尾 仁 不規則波に対する水平板の波分裂の効果について
雑賀 智雄 鉛直板潜堤とカーテンウォール防波堤の波遮断効果の解析的研究(斜め入射波の場合)
 
田 成喜 スリット壁を有する変位許容型防波堤による波の制御
 
2 旭 剛志 二重管係留システムで係留された没水水平版による波の制御
2 大塚 正治 玄海・響灘沿岸の海浜特性 -海浜レクリエーションのための利用適正調査-
2 小野 雅人 ポテンシャル接続法の選点解法による3次元波動境界値問題解析法
2 崎山 透 潜堤等の防波効果の数値解析におけるエネルギー損失係数について
2 田中 浩一 波分裂による波浪制御の効果
2 豊饒 智樹 玄海・響灘沿岸の海浜特性 -海浜レクリエーションのための利用適正調査-
2 三原 泰司 固定砂れんによる底質移動の再現性について
底版型潜堤の波との干渉に関する2次解析
2 山下 裕司 変位許容型防波堤の転がり抵抗とマサツ係数
2 杉尾 俊治 有限振幅波と任意断面形状構造物の非線形干渉効果の解析法
2 辻 哲 A collocation method of matched eigenfunction expansions for wave-structure interactions
3 大菅 健 没水水平版による砕波の特性と消波効果
3 岡部 格 変位許容型防波堤の滑動安定性に関する実験的研究
3 清田 逸雄 二重管式水平版サポートシステムの抵抗特性に関する実験的研究
3 信岡 尚道 底版型潜堤の波浪減殺効果
海浜流数値計算による潜堤構造の評価
3 橋本 誠也 岸沖漂砂の支配要因に関する実験的研究 -砂れんの寸法と形状の寄与について-
モンテカルロ法を用いた海浜変形の数値計算
4 安部 壮一 台風による九州および山口沿岸の波浪災害と波浪の諸特性
4 浦川 克樹 没水水平版に作用する波力特性
4 大澤 文彦 岸沖漂砂の支配要因に関する実験的研究 -水面波形および砂れん形状の寄与について-
4 木原 康成 連立直立壁潜堤の波の減殺効果
3次元没水構造物とストークス波の非線形干渉解析法
4 小坂 実 二重管式係留システムの抵抗力と位相特性に関する実験的研究
4 辻 利徳 歪砂れんを用いた航路埋没防止に関する実験的研究
テーパー型潜堤を用いた沿岸流制御に関する研究
4 辻(由川) 奈津子 博多湾における『波と人の意識』に関する研究
博多湾の水域利用評価手法に関する研究
4 藤井 研一 歪砂れんを用いた航路埋没防止に関する実験的研究
5 小野 信幸 沖浜帯の岸沖漂砂制御による海浜造成に関する研究
平衡断面特性を考慮に入れた二次元海浜変形数値モデル
5 古賀 巌 中立没水水平版による波の制御に関する実験的研究
5 長井 健二 二重管係留システムで係留された没水水平版の波の制御効果と動揺特性に関する実験的研究
多成分波と構造物の非線形干渉の解析法
5 中村 聡 移動床平面実験の小型化の試み -主に潜堤構造による堆砂機能の相違について-
没水水平板近傍の定常流の特性に関する研究
5 藤田 孝道 博多湾沿岸の利用と海岸侵食に関する研究
5 松永 厚彦 種々の潜堤構造物周辺の海浜流に関する水理実験
5 松村 一郎 台風による西日本沿岸の波浪災害の変遷とその地域特性
6 池崎 靖 浮体と水平版のハイブリッド消波堤の波力特性に関する研究
エネルギー損失を考慮したストークス波と没水構造物の非線形干渉解析法
6 黒田 寛 テーパー型潜堤による波向き制御に関する実験的研究
6 高比良 智成 2成分波と構造物の非線形干渉解析法の開発
6 竹島(青木) 久美 海岸防護方式と住民意識
波浪景観による海岸環境の評価手法について
6 深川 孝之 砕波帯内外の表面・流速波形に関する実験的研究
浅海域における水面波形と底面流速波形の非対称特性に関する考察
6 村松 博実 二重管の抵抗特性と没水水平版の波浪制御効果に関する研究
6 諸岡 元 博多湾における台風による高潮及び副振動特性に関する研究
7 内田 雅洋 岸沖漂砂に及ぼす流れの影響に関する研究 -固定床砂れん上の砂移動について-
固定床歪み砂れんによる漂砂制御効果とそのメカニズム
7 上久保 祐志 フレア型断面を有する防波護岸の越波特性に関する実験的研究
非越波型防波護岸の最適断面形状の検討
7 草場 智哉 埋立地の拡張に伴う福岡市都市気象の変化
衛星データを用いた沿岸都市域の熱収支の推定
7 三宅 司 抵抗二重管の抗力係数と質量力係数に関する実験的研究
杭・ヒンジ固定の浮遊式防波堤による波浪制御効果の解析的研究
7 山口 洋 テーパー型潜堤を用いた汀線形状の制御
複数の螺旋状海岸にわたる沿岸流場の特性
7 山城 賢 波と構造物の非線形干渉に関する実験的研究
不規則波と没水構造物との非線形干渉解析法の開発
8 坂口 学 テーパー型潜堤背後における海浜流の特性
8 鳥山 将司 固定歪み砂れん上の砂移動に関する実験的研究
8 藤井 信成 非越波型防波護岸に作用する波力特性に関する実験的研究
8 藤原 研三 波と潜堤の非線形干渉効果に関する実験的研究
斜め入射波と没水構造物との非線形干渉解析法の開発
8 山岡 貴司 杭係留による浮遊式没水水平板の波浪制御効果に関する実験的研究
細島港における係留船舶動揺と水面振動特性について
9 今里 龍司 杭・ヒンジ固定没水水平板防波堤の防波効果と作用波力に関する実験的研究
9 大塚 正和 種々のインパクトに対する海浜の変形過程に関する実験的研究
9 片岡 治 砂浜海岸のアメニテイ評価手法に関する研究
9 香月 理 低天端消波工の空隙率と波浪減殺効果
9 坂本 寛和 固定床歪み砂れんによる岸沖漂砂制御の縮尺効果
歪み固定砂れんの漂砂制御効果に関する研究 -主に流速波形の非対称性と砂れんの形状に着目して-
9 高江洲 義忠 複数の螺旋状海岸にわたる沿岸漂砂の特性 -底質特性からみた考察-
9 樽井 史朗 大水深域潜堤背後の波動場特性の実験的研究
細島港における湾内水面振動解析と現地データによる検証
9 中野 優 平衡海浜の形成過程と底質移動特性に関する研究
9 韓 兵 細島港の水面振動特性とその制御に関する解析的研究
10 鄢 曙光 鉛直動揺を許容した水平板付きポンツーンの水理特性
10 神田 一紀 フレア型護岸基本断面の設定とその防護機能
SOLA-VOF法を用いた数値解析によるフレア型護岸前面の波動場特性
10 佐藤 慎司 外洋性海岸における広域海底地形の変動解析
10 高畑 栄治 海浜断面の非平衡度と岸沖漂砂特性
大規模海上構造物背後の地形変化に対する数値解析
10 松尾 理恵 不規則波による大水深域潜堤背後の波動場特性に関する実験的研究
10 山岡 敏之 細島港における係留船舶動揺の現地観測
11 井口 要 フレア型護岸を用いた防波護岸システムの開発
11 内田 昌秀 宮崎海岸における海底地形の長期的変動特性
細島港と宮崎港沖の波浪観測データによる長周期波特性
11 越智 宏充 台形潜堤背後の波動場特性に関する実験的研究
複列潜堤背後の波動場特性
11 金丸 敏宏 現地観測による細島港の係留船舶動揺と波浪特性
11 森本 剣太郎 熊本港におけるシルテーション及びその対策の追跡研究
種々の潜堤構造物による航路埋没阻止機能に関する研究
11 桃嵜 真悟 数値計算による歪み砂漣上流れ場の再現性
11 渡邊 桂三 固定床歪み砂れんの底層流制御に係わる諸要素
12 蘆谷 譲 画像空間の探訪による海岸環境の評価
12 一田 剛 沖合構造物背後の海浜変形に関する実験的研究
波の散乱解析を用いた島陰部波浪推算と浮体動揺解析
12 大内田 佳介 波形の非対称性の海底勾配による変化と砂れん上の底質移動
12 酒井 英之 潜堤背後の流速場特性と海底地形変化に関する実験的研究
12 西岡 悟史 砂れん上の流れに及ぼす海底勾配の影響に関する実験的研究
12 ラフマン ヒダヤット Study of the siltation process in channel as effects of the submerged dike
13 赤司恵美 フレア形状を用いた大水深非越波型護岸の水理特性
13 鮎川 慶一郎 フレア型護岸の断面構造適正化に関する実験的研究
境界要素法とVOF法を結合した波動場解析法の開発
13 加藤 章子 人々の総意に基づく海岸環境の評価手法に関する研究
13 喜多 寛史 長尺化被覆ブロックの耐波安定性に関する実験的研究
13 竹内 伸夫 漁業と共存可能なシルテーション対策工法に関する研究
シルテーションによる航路埋没の高能率防止策に関する研究
13 玉井 靖 現地波浪観測データによる細島港の長周期水面振動特性
13 横田 雅紀 歪み砂れんによる海浜断面安定化工法に関する研究
波の散乱解析法を用いた白島周辺の波浪スペクトル推定
14 井ノ口 洋平 不規則波に対する大水深域フレア型護岸の非越波特性に関する実験的研究
BEM-VOF結合解析法の構造物近傍波動場への適用
14 緒方 菊 歪み砂れんによる海浜安定化技術に関する研究~主にビーチサイクルに着目した検討~
平衡断面条件を導入した海浜断面変化モデルの開発
14 宮地 正樹 二重潜堤による波浪の制御効果と長周期変動に関する実験的研究
波の散乱解析と現地観測による島周辺の波浪スペクトル特性に関する研究
14 村瀬 芳満 DRIMを用いた3次元的漂砂制御機能に関する実験的研究
波・流れ共存場におけるDRIMの漂砂制御効果に関する数値計算
14 本原 誠二 干潟海岸に対する児童生徒の環境意識
CG画像を用いた海岸環境評価(創造)手法に関する研究
15 青木 聡 複列潜堤によるシルテーション対策に関する実験的研究
ブシネスクモデルを用いた波浪場推定の適用性に関する基礎的研究
15 岡本 康宏 砂浜海岸と干潟海岸における児童生徒の環境意識
15 久留島 暢之 大水深域における非越波型護岸の最適断面形状に関する研究
BEM-VOF波動場解析法における結合法の改良と安定性の向上
15 迫田 史顕 DRIMによる底質のふるい分け効果に関する基礎的研究
3次元数値波動水槽の開発に関する基礎的研究
15 長山 達哉 九州沿岸の環境破壊脆性の評価の試み
博多湾における海域環境改善策の効果予測シミュレーション
15 渡辺 耕平 DRIMを用いた種々の漂砂対策に関する実験的研究
15 新井 雄太郎 表面密度噴流の流動について (山口大学)
島周辺の方向スペクトルと島陰部係留浮体の動揺解析
15 金 相昊 潮汐の影響がある沿岸海域での海岸過程の変化 (韓国海洋大学)
16 井上 直哉 シルテーション対策用潜堤の効率評価に関する研究
16 岩谷 理 DRIMブロックの耐波安定性に関する実験的研究
内湾浅海域を対象とした第三世代波浪推算法WAMの適用性に関する検討
16 橋本 裕樹 越波実験における風洞水槽内風速の現地風速への換算
大水深域非越波型護岸の開発および越波飛沫に関する基礎的検討
16 松村 勇紀 現地観測による白島周辺の波浪特性について
16 松本 亮介 波・流れ共存場におけるDRIMの漂砂制御効果に関する実験的研究
16 山口 義幸 海域水質環境の全国的相対比較
17 小野 貴也 海域水質指標の作成と全国沿岸海域の水質評価
鉛直板による係留船舶の長周期動揺低減効果に関する理論的検討
17 高田 和幸 DRIM工法の最適設計法に関する研究
17 古本 裕一 VOF法による波動場シュミレーションの精度と適用性に関する検討
不規則波のダイレクトシミュレーションにおける問題点とその解決法に関する研究
17 宮崎 哲史 波浪観測による島周辺のスペクトル推定法の検証と波の散乱特性
17 吉岡 孝通 大水深域非越波型護岸の越波に対する風の影響と飛沫対策
18 荒木 建人 内湾波浪推算の精度向上を目的とした海上風推算に関する検討
台風モデルと単層モデルによる高潮推算結果の実用的な補正に関する検討
18 石堂 濯 現地観測による飛沫越波の特性について -山口県和久漁港- 
18 上谷 佳寛 数値計算と実験による大水深域非越波型護岸の越波特性の検討
18 押方 智成 RCM20で予測された九州地方の温暖化の特徴
18 加嶋 武志 飛沫越波対策工法の実験的検討(山口県和久漁港)
鉛直板による動揺低減とブシネスクモデルを用いた波強制力の算定法に関する研究
18 亀子 健太 BEM-VOF結合解析法を用いた数値波動水路の適用性について
19 池田 剛司 RCM20でわかる九州地方の温暖化の影響
19 麻生 紀子 確率台風モデルを用いた有明海における地球温暖化後の高潮の出現特性に関する研究
有明海沿岸の高潮に対する風場・気圧場の影響度の解明と簡易予測への応用
19 白尾 國貴 大水深域非越波型護岸に作用する波圧の特性について
不規則波による越波流量の変動性と非越波型護岸の越波防止効果に関する数値実験
19 村上 和康 直立防波堤における越波飛沫の現地観測
沖合人工島「長州出島」における越波飛沫および飛来塩分の現地観測
19 吉松 健太郎 内湾域を対象とした海上風および波浪の推算精度に関する検討
強風下の海面抵抗係数の逆推定方法に関する研究
19 守永 裕美 博多湾における赤潮と気象・水質要素との関連および将来の赤潮発生頻度に関する検討
20 安部 雄太郎 台風接近に伴う沖合流れの発生に関する検討
気象の変動に伴う大規模残差流の発生に関する研究
20 太田 一行 ブシネスクモデルによる港内長周期波浪場の再現計算に関する基礎的研究
Development of an Analytical System for Long Period Ship Oscillation in Harbors
20 大田 将大 直立防波堤での大規模打上げに関する実験的研究
20 上戸 芳信 有明海沿岸に顕著な高潮を生じる台風の特徴について
流動モデルPOMによる高潮推算の基礎的検討
20 西村 大右 瀬戸内海における波浪推算の精度向上に関する幾つかの検討
現地海域への適用を目的とした海面抵抗係数の逆推定の精度に関する研究
20 見國 洋平 直立防波堤で生じる越波飛沫の飛散過程について
沖合人工島における飛来塩分の数値シミュレーション 
22(修) 清水 将貴 不規則波による越波の出現頻度と越波流量の変動性に関する数値実験

学位取得者

取得年
(平成)
名前論文題目
2 津嘉山 正光 リーフ土の波の変形に関する研究
2 小島 治幸 没水平版による波の分裂現象とその波浪制御法への応用に関する研究
3 橋本 典明 海洋波の方向スペクトルの推定法に関する研究
7 村上 啓介 グリーン公式を用いたストークス波と海岸構造物の非線形干渉解析法に関する研究
8 木原 力 A study of port Construction on Thick Soft Ground Relieving Impact on Environment
11 李 在炯 底質特性の統計解析による広域の漂砂調査に関する研究
12 上久保 裕志 非越波型護岸断面に関する基礎的研究
12 山城 賢 不規則波と構造物との非線形干渉解析法と潜堤背後の波動場特性に関する研究
13 申 承鎬 沖合構造物背後の海浜変形機構とそのモデル化に関する研究
15 小野 信幸 岸沖漂砂制御による海浜の安定化に関する研究
15 山口 洋 DRIMを用いた3次元的漂砂制御に関する研究
16 鄢 曙光 BEMとVOFを結合した断面2次元波動場解析法に関する研究
16 ラフマン ヒダヤット Study of the Submerged Dike Roles for Protecting Siltation in Harbours and Access Channels
16 森本 剣太郎 ITを活用した海岸環境整備へのパブリックインボルブメント導入に関する研究
20 八尋 明彦 親水機能を有する海域構造物の設計の体系化に関する研究
20 西井 康浩 港湾内長周期波浪場の再現と係留船舶の動揺推定に関する研究
20 松浦 邦明 波浪推算精度の向上を目的としたデータ同化システムの開発とその利用に関する研究
20 金 相昊 BEMとVOFを結合した実用的な不規則波動場解析法に関する研究
topへ