沿岸海洋工学研究室

過去の研究

平成元年 以前

卒年
(昭和)
名前論文題目
42石川 敏雄金沢海岸の波向分布について
レーダー写真による沿岸波浪の確率的性質について
42永山 勝英金沢海岸の波向分布について
42財前 進台風域内の波の分布について
42副島 毅台風域内の波の分布について
沿岸波浪の数値予測について(附図日本海沿岸での波の時間的分布)
42妻夫木 一秀細島港及び志布志海岸の波について
42吉本 常男細島港及び志布志海岸の波について
43飯田 徹男日本海沿岸の波向分布について
43井上 清紘台風通過時における浅海の波の推定
43滝沢 正実台風通過時における浅海の波の推定
43大石 敏文砕波帯内における波の統計学的分布に関する研究
風波のスペクトルについての考察
43黒木 健彦砕波帯内における波の統計学的分布に関する研究
43塩沢 俊彦透過堤の消波機構に関する研究
水平板による防波堤及び岸壁に関する研究
44有馬 龍昭直立消波壁に関する実験的研究
44宇山 藤博砕波帯内の波の解析(奈多海岸の例)
44古賀 一民砕波帯内の波の解析(奈多海岸の例)
浅海における波浪スペクトルの研究
44鬼塚 恵二日本海沿岸における波向特性について
44松本 司日本海沿岸における波向特性について
44田渕 幹修天気図による日本海の波の推定について
45北村 正浩砕波帯内の波の解析
45末永 浩毅水平板による防波堤と岸壁
45椿 博行風波の推定法について
45富吉 従夫数値計算による台風内の波浪推定法について
水圧波形からの水面波の推定における補正係数について
46伊藤 芳一海底不連続部における波と潜堤効果について
46松尾 正臣海底不連続部における波と潜堤効果について
46上瀬 純一浮防波堤の理論
46田中 潤児浅海の波の統計的解析
46永田 憲行透過性防波堤及び岸壁に関する研究
46矢治 信弘透過性水平板防波堤及び岸壁に関する研究
47浅田 透水面あるいは水中にある矩形断面物体と浅海波の相互作用(一)
有限水域の半没水柱状体による波の散乱と波力
47奥薗 英明玄界灘に面する海岸の海浜形状について
47田ノ上 隆生玄界灘に面する海岸の海浜形状について
掃流漂砂による水底変動(一次元および二次元問題)
47谷山 正樹水面あるいは水中にある矩形断面物体と浅海波の相互作用(二)
矩形断面を持つ係留浮体の浅海波による運動と係留力
47吉田 明徳水面あるいは水中にある矩形断面物体と浅海波の相互作用(二)
有限水域における矩形浮体の三次元運動の解析
47土橋 広実湾内における潮汐と拡散の数値計算について
47山根 信不規則波の数値実験法について
砕波を含む浅海でのスペクトル計算法と浅海スペクトルについて
47岸川 浩也消波ブロックの安定性に関する研究
47周 宗仁任意形状を持つ透過及び不透過防波堤による波の散乱
48海江田 修一掃流漂砂による海底変動について
48神鷹 昇浮防波堤の効果に関する研究
48三宅 俊史浅海における海洋スペクトルの変形について
48山口 修透過潜堤の効果について
双胴型浮防波堤の研究
48山田 裕二直立消波護岸と防波堤に関する研究
48三好 治行傾斜護岸天端幅の反射率越波量に及ぼす影響について
49川村 雅彦任意形状の全没水固定柱状体による波の散乱
矩形断面をもつ複列浮防波堤の研究
49竹田 重三浅海での不規則波の回折について
水底及び水面付近に固定された複数個の任意断面柱状体による波の散乱について
49藤林 和雄直立透過壁体に作用する全波力について
直立透過壁体の水平運動による波の発生
49松田 安史掃流漂砂による水底変動の実験的研究
50川島 寛博多湾の潮流推算について
50川原田 秋彦半没水型透過性防波堤の研究
海岸構造物による波の変形(二次元問題)
50虎石 龍彦半没水型透過性防波堤の研究
50古賀 文博直立透過堤体及びそれが遊水部をもつ場合の全波力について
50百田 博宣直立透過壁体の流体抵抗に関する実験的研究
透過性半没水物体の強制振動による波の発生と流体力
50百武 剛半没水固定柱状体による波の変形と波力の実験的研究
51鶴本 良博有限水深域の波による任意断面物体の運動についての研究
任意形状の泊地における消波護岸の効果について
51深水 賢治郎透過壁体の水平運動による波の発生に関する実験的研究
51萬  運任意形状の透過及び不透過防波堤による波の散乱の実験的研究
52川原 真有限水深域の波による二次元係留浮体の運動と波の反射について
52松井 創有限水深域の波による二次元係留浮体の運動と波の反射について
透過性浮体の運動と波の変形に関する解析的研究
52仁禮 吉昭グリーン公式を用いた不透過潜堤の解析と実験
52橋元 良二遊水部をもつ護岸における透過壁の厚さと空隙率について
52平城 晃遊水部をもつ護岸における透過壁の厚さと空隙率について
52山方 弘美有限水深域の不透過物体の強制振動による波の発生と流体力
53門脇 哲郎有孔壁の消波機構に関する実験的研究
53橋本 哲治泊地内遊水部岸壁の消波効果に関する実験的研究
53原 澄男泊地内遊水部岸壁の消波効果に関する実験的研究
53三浦 一正鉛直有孔壁体に作用する波圧に関する実験的研究
53永田 修一境界積分と摂動展開法による非定常有限振幅波の数値解析
54池嵜 正勝透過性浮体の運動と消波効果
54川村 浩二透過性浮体の運動と消波効果
54池永 昭夫砂浜海岸における離岸堤の効果
54辻村 寛志砂浜海岸における離岸堤の効果
54原 寛則砂浜海岸における離岸堤の効果
54花田 輝雄水平振動によるタンク内の発生波
54坂元 久夫有孔壁による衝撃圧の減圧について
55石井 一郎新型式の混成防波堤の破壊機構について
55田中 寿治新型式の混成防波堤の破壊機構について
空気膜潜函等による波の遮断理論
55唐崎 彰彦漂砂による埋没を生じない小規模港湾の外郭施設計画について
55手島 健司漂砂による埋没を生じない小規模港湾の外郭施設計画について
55小山 文男固定空隙体による波の遮断効果
没水係留浮体の非定常有限振幅運動の解析
55下石 誠防波堤ケーソンの水平抵抗を増加する方法の提案
55若槻 克彰防波堤ケーソンの水平抵抗を増加する方法の提案
55中島 誠有孔壁による水撃圧の低減について
56赤間 正幸有孔壁による水撃圧低減に関する基礎的実験
56 岩間 賢一 有孔壁による水撃圧低減に関する基礎的実験
56北山 斉湾内水面振動に関する数値解析
任意形状不当水深の港湾内水面振動の数値解析
56 原田 克己 小規模漁港外郭施設の波と漂砂に関する研究
56 広田 耕二 小規模漁港外郭施設の波と漂砂に関する研究
56 西川 正夫 有限振幅波の非定常運動に関する実験及び台風域の風波予測のための数値計算について
56 三浦 信之 有限振幅波の非定常運動に関する実験及び台風域の風波予測のための数値計算について
56 平野 文裕 海底変形による波の反射効果に関する研究
57 荒木 英二 潜堤による養浜海岸(海の中道海浜公園)の安定性に関する実験的研究
57鎌田 正隆潜堤による養浜海岸(海の中道海浜公園)の安定性に関する実験的研究
数値計算モデルによる汀線の変化の予測 
57 安藤 裕文 玄界灘に面する海浜の形状に関する現地踏査(1981,11~1982,2)
57 新留 勝 玄界灘に面する海浜の形状に関する現地踏査(1981,11~1982,2)
57 山本 良一 玄界灘に面する海浜の形状に関する現地踏査(1981,11~1982,2)
57 上籠 光治 港湾内水面波の波高分布について
57 下川 明 港湾内水面波の波高分布について
57 篠田 昌伸 空気袋潜堤と空気膜潜函による波の遮断効果
57 土江 明 遊水部をもつ棚式直立消波構造物の反射率実験
57鳥越 正美遊水部をもつ棚式直立消波構造物の反射率実験
港湾泊地におけるカップリング効果に関する解析的研究
58 財前 光良 潜袋構造による波の遮断に関する実験的研究
58中塚 健司海底変形による波の反射効果に関する実験的研究
空気潜袋堤の防波堤効果
58 馬場 隆之 養浜海岸(海の中道海浜公園)の安定性に関する実験的研究
58 和田 雄二 養浜海岸(海の中道海浜公園)の安定性に関する実験的研究
58 深田 忠 港湾内副振動の数値解析法
58 SANCHO Rodolfo NUMERICAL PREDICTION OF DEEP WATER AND SHORELINE CHANGES 
59飯田 典生博多湾人工海浜水理模型実験による研究
任意断面の鉛直柱体列による波の散乱と波力の解析的研究
59田口 陽一博多湾人工海浜水理模型実験による研究
縦スリット型防波堤の消波特性算定法に関する研究
59仁木 将之博多湾人工海浜水理模型実験による研究
水平板における波の通過特性に関する研究
59 鈴田 健 潜袋構造による波の遮断に関する実験的研究
59 吉塚 宏 潜袋構造による波の遮断に関する実験的研究
59 高瀬 和彦 遊水部内に補助壁を持つ有効壁岸壁の消波特性に関する実験的研究
59 辰巳 元秀 遊水部内に補助壁を持つ有効壁岸壁の消波特性に関する実験的研究
59 中牟田 直昭 航空写真による福岡沿岸の海岸線変化に関する研究
不規則波に対する縦スリット式防波堤の消波特性の算定法
60 大中 英揮 玄界灘海岸の汀線変化の原因について
60中原 和彦副振動における防波堤開口部のエネルギー損失係数に関する研究
沖合いに防波堤を有する港湾の副振動解析法
60 永山 正吾 潜堤による侵食防止効果について
60 村上 啓介 Tidal Landの成因について(2次元実験による考察)
半没水柱体列による波の散乱と波圧の解析法
61 西内 雄一 空気袋潜堤の波遮断機能の改善に関する実験的研究
回転変位許容型防波堤の水理特性解析
61 宮崎 祥一 潮位と潮流データによる長崎港の副振動特性について
61 安永 達朗 縦スリット壁体の消波特性に関する研究
61 吉田 清三 防波堤及び潜堤の副振動におけるエネルギー損失係数に関する研究
61 川口 孝司 潜堤による海浜安定効果に関する実験的研究(潜堤背後の質量輸送速度)
61 宇都宮 道明 斜め入射波に対する透過性防波堤の水理特性
61 木佐貫 徹 複列鉛直板潜堤による波の制御に関する解析的研究
62 岩永 正浩 潜堤背後の波浪と海浜流場に関する実験的研究
62 金重 悟 潜堤背後の波浪と海浜流場に関する実験的研究
62 古瀬 修三 不規則波に対する縦スリット式防波堤の消波特性に関する研究
62 日野 昇 複列鉛直板による制御効果に関する実験的研究
62 山下 泰司 回転変位許容型防波堤の通過率及び挙動特性
63 小池 晃弘 複列鉛直板潜堤による波遮断と作用波力
63 坂本 圭 縦スリット式防波堤の波力特性
63 長野 敦 水平板による波の分裂に関する基礎的研究
63 薬丸 信之 回転変位許容型防波堤による波の制御と堤体の安定性

学位取得者

取得年
(昭和)
名前論文題目
43 湯 麟武 遠浅海岸における波の推算法に関する研究
52 周 宗仁 海洋構造物による波の変形に関する研究
53 加藤 始 流れのなかにおける風波の研究
55 吉田 明徳 浮体による波の制御に関する研究
58 永田 修一 周辺積分法による水面波の非定常有限振幅運動と空隙浮体の定常運動に関する数値解析
58 奥薗 英明 遊水部をもつ有孔壁岸壁の消波特性に関する研究
60 入江 功 港湾施設の機能維持のための漂砂対策に関する研究
61 上床 隆彦 空気潜袋堤の波遮断効果に関する研究
topへ